サイトを作るために色々テストしたい!そんな時はローカル環境で「InstantWP」

ワードプレスのテーマを変更する時など、微調整は必ず必要になると思います。そんな時、「メンテナンスモード」にしてサイトを表示しない形で作業を進めることも出来ますが、時間がかかる場合見てくれている人たちにも何かと迷惑がかかります。アドセンスの収益にも影響しそうなので、こんな時はやはりローカル環境で色々テストや修正などをした後に、ドカンとアップロードした方が効率が良い様に思えます。

そんな時に便利なソフトのひとつが「InstantWP」。

以前からバージョン4を私も使用していたのですが、昨年にバージョン5へと新しくなった様です。(全く気付いていませんでした)では早速その環境を整える方法を書いてみたいと思います。

「InstantWP」をダウンロードして解凍

最初にInstantWPのページからダウンロードをします。

トップのこのボタンからダウンロードが可能ですが、ここからだと「v5.3.6」を取得することが可能。

私もここからダウンロードしたもので起動してみたのですが、これがなぜか起動しない。。起動しないというかコントールパネルは開くのですが、ボタンを押しても無反応でワードプレスそのものが動きません。既定のブラウザやその他をネットで調べてみると、同じ様な現象が発生している方もおられ、そこには前のバージョンの「v5.3.4」なら動くということが書かれていました。ということで早速先程のページへ戻り確認。改めてダウンロードを開始します。

 
※v5.3.4をダウンロード

1.メニューの「Downloads」をクリック
2.”You can download all of our releases on our GitHub releases page”と書かれた下のURLをクリック

 

3.IWP-v5.3.4-Win.zipをクリック

こうしてダウンロードしたものを解凍します。

InstantWPの起動

解凍したフォルダの中身を確認するとこんな感じ。InstantWPを起動するにあたり、以前はexeだったのですが今回からはbatファイルからに変更となった様です。

4.Start-InstantWP.batをダブルクリック

 

5.セキュリティの警告が出たら「アクセスを許可する」をクリック

 

6.暫く待ちます(30秒くらい?)

 

7.下記画面で「Next」をクリック(3回くらい画面が変わるのですべてNextをクリック)

 

8.下記画面で「Close and Don’t Show Again」をクリック

 

9.コントールパネルが起動します

それぞれのボタンは

・「WordPress FrontPage」:WordPressのトップページを開く
・「WordPress Admin」:管理画面を開く
・「Themes Folder」:テーマのインストールフォルダを開く
・「Plugin Folder」:プラグインのインストールフォルダを開く
・「MySQL Admin」:MySQLを管理するphpMyAdminを開く
・「Help」:説明書

 
ボタンを押すと最初だけ下記の様なメッセージが表示されますが、翻訳してみるとこうでした。


InstantWPを日本語化する

10.コントールパネルの「WordPress Admin」をクリックしてログインする

ユーザーネームはadmin パスワードはpassword

 

11.Settings」から「Generalをクリック
12.「Site Language」から「日本語」を選択

13.「Save Changes」をクリックして保存します。

 
このように日本語表記に変更されます。またワードプレス自体のバージョンも最新に更新しておきましょう。

最後に

以前のバージョンと見た目は変わっていますが、インストールが不要などの簡単に使えるのは変わらず。ただなぜv5.3.6のバージョンだと動かないのかは分かりませんでした。非常に便利で使いやすい「InstantWP」ですが、ひとつ問題大きな問題があり、PHPのバージョンが5.6以上を推奨しているテーマをインストールしてみると、インストールは出来るのですが、有効化した途端フリーズ。。

InstantWPのPHPのバージョンが低いと思われ、これでは使えないのが発覚(笑)PHPのバージョンアップなども検討しましたが、何が起こるのか不明だったので、今回はこのソフトを使用することを断念。別のソフトでローカル環境を作ることにし、その記事はまた書いてみようと思います。

 

※【ご注意】
個人的に行った内容ですので、この作業により不具合(不利益)などが発生しても責任は負えません。ご自身の判断と責任にて行って頂きますようお願いします。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク