‎Photograph+ 飲食店で写真を撮る時に使えるカメラアプリはこれ!

2018年9月23日アプリ‎Photograph+, カメラ

今回はいつも撮っているラーメン画像に使用しているカメラについて書いてみました。

以前はデジカメを使ったりした時期もありましたが、現在ではスマホのカメラの性能も非常に良く画質も良いので、すべてスマホでの撮影となっています。昨年iphoneを買い替えた後も5sをメインカメラとしていたのですが、それには理由がありました。

①5sの筐体は小さめで手に収まりやすく撮影しやすい(Plusに比べて)
②iOSを特定のバージョンにしておくと純正のカメラアプリでも無音に出来る

 
と言ったところで使用をしていました。特に②の部分に関してはお店でシャッター音を「カシャカシャ」させるのは迷惑なので、iOSを特定のバージョンで固定し、ある設定を行うと純正カメラアプリでも無音に出来るのはホントにありがたいと思い使用していました。

ところがiOSのバージョンを上げないように気を付けていたつもりなのですが、どこでどうなったのかは全く覚えておらずいつのまにやらバージョンが上がってしまっていました。。(笑)

と言うことで仕方なく5sは諦め、現在のスマホで撮ることにしたのですが、やはり純正カメラアプリでのシャッター音は爆音で使えず。。何故純正カメラに拘るのかと思われるかもしれませんが、単純に画像が一番綺麗に撮れると思っているからです。

無音カメラアプリも無料・有料含めていくつも試してみましたが、やはり純正カメラアプリよりも綺麗に撮れているとは思えず半ば諦めて使っていました。しかし今回、これは純正カメラアプリとも変わらないぐらい画像が綺麗なんでは?と思えたアプリをご紹介します(個人的な見解ですが)。

 

‎Photograph+

このカメラアプリは無音に出来ることがメインでは無く、写真に様々な加工することが出来ます。トイカメラの機能もあるのですが、個人的にはラーメン画像ばかりなのでこの機能は使用したことがありませんが(笑)

 

最初にしておくべき設定項目

設定ですが普段ラーメン画像を撮るにあたり、した方が良さそうな設定のみをごく簡単に書いておきます。

まずは「カスタムカメラ」の部分ですが、

これをONにする‎Photograph+モードでの撮影、OFFにするとiPhoneの標準カメラでの撮影

 
となり、シャッター音を出さない様にする場合は必ず「ON」にする必要があります。

また、「スタート画面」の項目は起動時したらスグにカメラになって欲しいので「カスタムカメラ画面」を選択しています。それ以外の選択項目は「写真編集画面」となっています。

 

その他の設定項目

他の設定項目はオリジナル写真を保存やジオタグの付加などなので、この辺は好みで設定を変えれば良いかと。

 

この設定も変更しておいた方が良い

もうひとつ設定しておいた方が良さそうなのは、カメラ画面にある写真の様なアイコン(画像では黄色い枠で囲まれた)を押した時に表示される撮影モード。

連続撮影モード」と「シングル撮影モード」の2種類がありますが、シングル撮影モードだと1枚写真を撮るごとに写真編集画面に戻ってしまい、何枚も撮る時は非常に不便なので私は連続撮影モードで設定しています。

 

写真編集画面を表示させるには?

カメラ画面から写真編集画面を表示させるにはシャッター音ボタンの近くにあるサムネイル画面(画像だと赤い枠で囲まれた)をタップすると表示されます。

またカメラ画面に戻るには「カメラ」をタップすると戻ります。

 

画像に様々な加工が出来そうです

個人的にはほとんど使用していないですが、画像に様々な加工が出来そうな機能がたくさんありそうです。トイカメラなのでホントはこれがメインなのでしょうね。これらの機能は使用していないので説明は割愛させて頂きます。

 
個人的には飲食店で撮影するためシャッター音が出ない様になるアプリを探していくつか有料も含めて試しましたが、画質に関してはどれも純正のカメラアプリに遠く及ばない気がしていました。しかし今回のこちらのアプリは画質に関しては純正アプリとあまり変わらないぐらいに思え、シャッター音も無くせるので非常にありがたく現在カメラはこれのみ使用しています。

画質に関しては私個人の感覚的なものだけの判断なので何とも言えませんが、実際に写真を撮り比べて検証されているサイトさんもあったのでググってみて下さい(笑)

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

2018年9月23日アプリ‎Photograph+, カメラ

Posted by まさ