Windows10へのアップグレードってまだ出来ますね(2018年10月現在)

会社でまだまだ使えそうなWindows7機がたまに出てくるのですが、そういったPC機は一度リカバリーをかけて綺麗にしてから改めて使用することも。

Vistaなどもマイクロソフトのサポートが終了(2017年4月11日以降)しており、Windows7も2020年1月14日にサポート終了が予定されています。まあまだ1年以上あるのですが、取り敢えずWindows10にしておけば問題無いかなと思い、無償でアップグレードをすることにしています。

ただ、この無償アップグレードですが、過去にWindows7、Windows8ユーザーなら期間限定でWindows10にアップグレード出来るとのことで、当時私も会社のPCなどをアップグレードしました。しかし期間はもう過ぎているはずなのですが、数日前(2018年10月になったばかり)でも可能でしたので記載しておきます。

 

まずは綺麗な状態のWindows7機に

最初にお断りしておきますが、会社で不要になったWindows7機を使える状態にするために行っている作業ですので、個人でお使いのPCの場合はリカバリーなどの作業は必要ありません。

まず最初にまだ使えそうなWindows7機をリカバリーして工場出荷状態に戻します。要らないソフトなども大量にあるので、綺麗な状態に戻すためにそうしてます。

ただ、現在使用している機器をアップグレードする前には必ずデータのバックアップは取って置くことが必要です。

 

ツールのダウンロード

次に下記サイトにアクセスしてツールをダウンロード。

ダウンロードしたツールを起動して、あとは画面の指示に従っていくとアップグレードが完了します。

 

注意点

えらく簡単にアップグレード出来ますが、時間はそれなりにかかります。(数時間ぐらいだったかな?)

また、Windows 10 のシステム要件を満たしているか、ドライバーやハードウェアの互換性があるかなどの問題は発生する可能性はあります。実際、アップグレードしたPCでは画面表示のソフトに問題があり、Windows7ではフルHDで表示されていたのに、アップグレードしたところ表示されなくなったなどの現象も発生しています。(再度ソフトウェアをインストールすることで解決しましたが)

今回はリカバリーした何もデータが無いPCで行ったのでサクサクと進めることが出来ましたが、データがあるとなかなかそうはいかなですよね。もしアップグレードするならば自己責任でお願いします。当サイトでは一切責任は負えませんので。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク