エナジードリンクとしてはどうなんやろ?「南アルプス PEAKER」

私もたまに飲む「エナジードリンク」ですが、コンビニに行ったらちょっと珍しいと思ったので買ってみたのがこれ。

南アルプス PEAKER

関東の方で8月21日から販売開始された商品で、10月から全国的に販売された様子。販売元のサントリーのHPで確認すると

近年のストレス社会などを背景に、「手軽に疲れを取りたい、元気になりたい」という需要が高まっており、エナジードリンク市場は伸長しています。しかし、市場が伸長する一方で、「エナジードリンクは化学的で人工的なイメージがある」や「何が入っているのか分からないので飲むのが少し怖い」などのお客様の声があることがわかりました。また、エナジードリンクは、他の飲料に比べ、若い男性を中心とした、非常に狭い層のお客様に飲まれていることがわかりました。

今回発売する「サントリー 南アルプス PEAKER ビターエナジー」は、自然が育んだ素材と、苦味・強炭酸の刺激に着目して生まれたエナジードリンクです。再栓可能なペットボトル容器の採用により、自分のペースで楽しむという新しい飲用スタイルを提案し、より多くの頑張りたい方々を応援していきます。サントリーホールディングス株式会社

とあり、「自然が育んだ素材」と、「苦味と強炭酸による刺激」によって生み出されたエナジー感というコンセプトに基づいたエナジードリンクの様です。

実際に飲んでみると色はシャンパンゴールドで、ジンジャーも効いており酸味も感じられなかなか後味もスッキリ。私は「ビター」という表現に惹かれて買ってみたのですが、苦みに関してはそれほど強くないように思えました。

 

成分などは?

成分やカロリーは写真の通りですが、これは100mlあたりでボトルは375mlあります。エナジードリンクというとカフェインやアルギニンだと思いますが、カフェインに関しては12mg×3.75=45mg、アルギニンについての表記はありませんでした。

 

何故かこれが

ボトルを見ていて目に付いたのはこの目盛。残量確認が出来る様になっていますが、375mlぐらいなら一気に飲めてしまうのでどんな風に使用するのかな?洗えば計量カップとして使えるかも(笑)

 

キャッチフレーズ

この「最後まで落ちない」というキャッチフレーズとグラフの様なイラストを見ていると、何となく最後まで効果が持続するような気になりますね。

 

エナジードリンクとしてはどうなんやろ?

エナジードリンクとしてはカフェインも45㎎/本と少なめでアルギニンなどは不明。カフェインに関してだけ言うと私が好んで飲んでいるタリーズのブラックコーヒーでも100mlで60㎎とあるので、1本だと234㎎とかなりこちらのコーヒーの方が多い。

エナジードリンクとしてはどうなんやろ?とは思いますが、個人的にはこの後味や酸味など強めの刺激は好みで、私自身がエナジードリンクに求める「元気になった気がする」感は得られそうなので、また買ってしまいそうな気もします。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク