ロリポップでサブドメインを設定してデモサイトやテストサイトに利用してみる

今回はロリポップでサブドメインの設定をしてみたお話です。

 

サブドメインとは

サブドメインとは、既存のドメインを小分けにするために使うもので、当サイトで例をあげると、「https://masa-info.com」の場合に、「https://sub.masa-info.com」の様にドメインを区分することができます。

何故こんなことをわざわざするのかと言うと既存のサイトの中で、

・新しいWebページの扱いにしたい
・既存のWebサイトの評価を生かしたい

といったことをしたい場合に使用したりします。

 

今回は違う目的で

通常は上記の様な理由でサブドメインを設定したりするのですが、今回は違う目的で設定することにしました。その目的とは、

1.自分のサイト作成のテストに使いたい
2.デモサイトを他の人に見せたい

といった理由で設定することにしました。テストやデモサイトなので既存の評価などや検索エンジンにインデックスされる必要も無いので、その形でのサブドメインの設定方法について書いてみます。

 

ロリポップでのサブドメイン設定方法

1.ロリポップのユーザー専用ページでサーバーの管理・設定の中にある「サブドメイン設定」を選択し、下にある「新規作成」をクリックします。

 
2.サブドメイン名を入力し、その右隣りのプルダウンから既存のドメインを選択。

3.公開(アップロード)フォルダ名を入力(ここにワードプレスがインストールされます)した後に「作成」をクリック

 
私の場合ドメインはムームードメインで取得していたので、ネームサーバー認証の画面が表示されました。

4.ムームーIDとパスワードを入力して「ネームサーバー認証」をクリックします。

5.画面が変わったら「設定」を押して完了です。(

 

ワードプレスをインストールする

サブドメインの設定が終了した時点で公開(アップロード)フォルダが作成されているので、一応FTPで出来ているかどうかは確認しました。ではここに新たなワードプレスをインストールしていきます。

設定は慎重に行って下さい。トラブル等が起こっても当サイトでは一切責任は負いません。バックアップ等を取っておくのをお勧めします。ロリポップでは有料のバックアップオプションなどもあり、私自身も利用してバックアップは毎日保存しています。

 
1.ユーザー専用ページのサイト作成ツールの中にある、「WordPress簡単インストール」を選択します。

2.サイトURLには先程作成したサブドメインを選択します。”入力は任意です”にフォルダ名を入れると公開フォルダのさらにその下にフォルダが出来、そこへワードプレスがインストールされます。

3.利用データベースは「新規自動作成」を選択しました。

4.WordPressの設定にはサイトのタイトルや、ユーザー名、パスワード(ワードプレスのログイン用)、メールアドレスなどを入力

 
5.プライバシーにある「検索エンジンによるサイトのインデックスを許可する」はデモ・テストサイトため必要ありませんのでチェックを外します。そして「入力内容確認」をクリック。

 
6.「インストール先のディレクトリに同じ名前のファイルがある場合は上書きされます」の下にある「承諾する」にチェックを入れた後、「インストール」をクリック。

暫くするとインストールが完了します。サイトのURLと管理画面のアドレスが表示されるので、これらは控えておきます。

 

ワードプレス側の設定

ワードプレス側の設定も変更しておきます。変更箇所は下記の通り。

1.先程控えて置いたサブドメインの管理画面へのアドレスをブラウザに入力しログインします。

2.「設定」の中にある「表示設定」をクリックし、下ある「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れ、「変更を保存」をクリックし保存します。

 
ここまででサブドメインの設定とワードプレスのインストールが完了したので、実際にサイトにアクセスすると表示されるのが確認出来るはずです。ただ検索エンジンにインデックスされない様にしているとはいえ、直接URLを入力すれば閲覧は可能となってしまうため、それを防ぐのに下記のプラグインを利用しました。

 

URLを入れても表示されないようにする

URLを直接入れると表示されるため、まだ作成途中などの不格好なサイトを見られるのもイヤなので(笑)パスワードでログインしたら表示されるようにしてみました。ちょうど便利なプラグイン「password protected」があったので、早速インストール。

 
1.設定の中に「パスワード保護」があるのでクリック。

2.パスワード保護状況の「有効」にチェックを入れ、許可する権限は「管理者を許可する」にのみチェック。パスワードを入力して「変更を保存」をクリックして保存します。

 
これでURLを直接入力してみると下記の様なパスワード入力画面が表示されて、入力するまではサイトが表示されません。

今回はロリポップでのサブドメインの設定方法を記載してみましたが、これを使えばテストサイトで色々テストすることも出来ますし、デモサイトであればお客さんのところでお客さんのPCやスマホでも確認してもらうことが可能になりますね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク