2014年のトミカ博 in OSAKAへ行って来ました

2019年2月11日

昨日に去年も行ったトミカ博に行って来ました。会場は昨年と同じ南港のATCホール。

朝から渋滞情報などを見ながら、京都を出発したのは12時過ぎ。第二京阪、近畿道、阪神13号と全く渋滞もなく通過して、南港に入ったのは13時前。1時間もかかりませんでした。

さて、問題は駐車場なんですが、去年はATCの地下に入れるため、ずっと並んで40分ほど待ち入庫。様子を見るためグルーっと周辺を一回りしてみて状況を確認。やはりATCの駐車場へ入るには車列が出来ています。確かに、ホールの地下に入れたほうが便利はいいのですが、周辺でもちょっと歩いたら良いだけやし、じゃあ今回はATCに入れるのはやめ、周辺のコインPに入れてみようと探しますが、周辺のコインPなどは満車。。。

しかし、1カ所だけ「空車」の文字がある駐車場がありました。タイムズ大阪府咲洲庁舎 という駐車場。まわりのコインPは休日だとだいたい1日最大で600円~1000円というところのようですが、こちらは1日1600円。その価格の高さが災いしてか、中に入っても地下3階は結構空いてました。さらにこの駐車場からなら、外に出る事無く橋を渡ってそのままホールのほうへ行けるのは便利。ちょっと高いですが、駐車場待ちの時間も無く、すぐに会場に入れたので良しとします。

会場のほうへ向うと、特に待ちも無く入る事ができました。しかし中はかなりの人。。。

 
今回の「入場記念品」はこのどちらかから選択できるようです。ひとり1台貰えるので、今回は白いの2台と赤いのを1台にしました。

 
中に入ってみると、有料のブースと無料のブースがあり、配置などは去年と同じ。無料ブースにはトミカはもちろん、プラレールや実際の車なども展示されています。

 
今回は有料のブースのほうも行ってみましたが、11枚綴りのチケットが1000円。1つのアトラクションで5枚とか6枚使うのでスグに無くなります(笑)今回は「組み立て工場」とトミカ2台を滑らせるルーレットのようなものの2つだけ試してみました。

これは組み立て工場のほうです。自分で好きな車種を選んで、それからパーツも選択。最後に作業服を着た人が車体下のネジをかしめてくれます。

 
こちらはルーレットのようなものの景品です。トミカを1台づつ斜面を走らせ、先にあるルーレットに1台目と2台目が見事同じ色に入ったらこのトラックを貰えるようです。入らなかった場合もミニカーは貰えるようです。

 
こちらは入場記念品。

 
ショッピングゾーンで買ったトミカです。イベントモデルを大量に買わされました。。。

 
子供ももう最近はトミカよりも仮面ライダーになってきているので、来年はどうなるかわかりませんが、もし興味がありそうだったら、また行こうかと思います。

このトミカ博。本日(2014年5月5日)と明日(2014年5月6日)もされています。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク