大津市内で見かけたが、これは可搬式オービスなのか?

2019年5月19日つぶやきオービス

車の速度違反を取り締まる「オービス」。

みなさんはこれに記念撮影(笑)されたことがあるでしょうか?

 
私は20年以上前に一度やられたことがあります。京都市内で

ハガキで呼び出しが来て、仕事の合間に京都府庁の近くにある「京都府警察本部」に出頭しました。そこで見せられたのがオービスによって撮影された車と運転者ですが、夜で暗かったにも関わらずハッキリと自分の顔が写っており、写真の端には確か速度が記録されていたかと思います。

その時の速度違反は44キロオーバー。50キロ制限のところを94キロで走行していたことになるのですが、今から考えるとかなり無茶なスピードを出していましたね。。

20年も経つと記憶もちょっと曖昧ですが、その場で赤キップを切られ、その後は簡易裁判所から呼び出しがあり正式裁判をするか略式裁判にするか聞かれた様な記憶があります。それから略式を選択して、1日5000円換算で16日間の労働?か罰金8万円を納めるかを選ぶように言われたかと。まあ、この辺はちょっと古い記憶なので曖昧で申し訳ありません。

さらにその後は免許の停止。一発で中期免停だったかと思いますが、60日免停が2日間講習を受けることにより30日に短縮されたかと思います。(この辺はかなり前のことなので、現在の法令とは違うかもしれませんのでご了承下さい

 

可搬式オービス

そんなオービスですが、通常は固定式で場所は決まっているのですが、最近は「可搬式オービス」といった移動して設置出来るオービスがあります。2018年9月にはこんな記事がありました。

高さ54センチ、幅26センチ、奥行き38センチとコンパクト。持ち運びが容易で、狭い路肩でも設置できる。導入費は約1千万円。

導入費用が1千万もするのはスゴイですが、ホントにこれは画期的な装置かと。

 
そんな可搬式オービスかな?と思われるものに先日遭遇したのがこの画像。

車のドライブレコーダーで録画された動画を静止画にしたものです。会社から帰る途中で時刻は19時半前。逢坂山を越えて草津方面へ向かっているところで地図にするとこのあたりかと。

 
真っ暗な中、警察官と思われる方々が設置をされているのか不明ですが、白い枠で囲った部分にオービスの様な機械も見えます

 
この国道は逢坂山から来ると下り坂となっているので自然とスピードものってしまうことがあるため、車の少ない時間帯だとスピードが出てしまう恐れがあります。また、朝もかなり見かけますが大津駅に向かうと思われる人たちが結構、横断するんですよね。。夜もちょこちょこそう言った人を見かけるので、この場所はスピードを出すと危ない。

この時、私が通過した時のスピードをドライブレコーダーのデータで確認すると前も詰まっていたこともあり、30km/h。恐らく撮影はされていないと思いますが、これはオービスだったのかな?

 
オービスかどうかは確認できませんでしたが、もうゴールド免許になって結構経つので、安全運転で今後も行こうと思います。ゴールドだとホントに更新の時の講習も短いですしね。今回は自分への備忘録として記載しておきます。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

 

2019年5月19日つぶやきオービス

Posted by まさ